2007年09月27日

Mini 1960年代

220px-Mini_Cooper_S_1964.jpgMiniは最初 ADO15(ADO は Austin Design Office を表す)というプロジェクト名で呼ばれ、最初のモデルはオースチン・セブン(しばしばSE7ENと表記される)及びモーリス・ミニ・マイナーのブランド名でイギリスで発売された。「セブン」は、戦前、大成功を収めたオースチンの大衆車にあやかったもので、「マイナー」は、「ミニ」とかけた「洒落」であるという。1962年までには北アメリカとフランスでもオースチン850、モーリス850の名前で発売された。
Miniのサスペンションスプリングには、一般的な金属ばねではなく、当時、ばねの先端素材として注目されていた、ゴムを使っている。ゴムメーカであるダンロップ社の技術者アレックス・モールトンの設計による、円錐状に成型されたゴムばねを用いたラバー・コーン・サスペンションである。このばねは強いプログレッシブ・レートを持ち、最小のストロークで最大のエネルギ吸収量を得る様に設計されている。この強いプログレッシブ・レートを持つばねや、フロントが高くリヤが路面上にあるという特殊なロールセンタ設定のサスペンション、量産車としては今日の基準でも驚異的に速いステアリング・オーバーオール・レシオや回転慣性モーメントが小さくジャイロ・スコピックが弱い10インチのタイヤなどによって、Miniのゴーカートのようなハンドリングが生まれた。
設計者イシゴニスの友人で、1959年と1960年のF1のコンストラクターズ・チャンピオンに輝いたクーパー・カー・カンパニーの経営者ジョン・クーパーは、当時英国内のサルーンカーレースにトライアンフで参加していたが、ライバルであるロータス車の次元の違うハンドリングに太刀打ち出来ずにいた。この時イシゴニスにMiniの試作車を見せられ、その驚異的なハンドリングに注目、何回かの実験とテスト走行の後、イシゴニスと共同で、機敏で経済的で、しかも安価な車を作ることを決意した。その成果として、1962年にADO50 、「オースチン・ミニ・クーパー」と、「モーリス・ミニ・クーパーが誕生した。
オリジナルのモーリス・ミニ・マイナーに搭載されていた848ccのエンジンは、997ccまで排気量が増やされ、馬力も34馬力から55馬力に高められた。このエンジンにはレース向けのチューニングが施され、当時小型車には馴染みのなかったSU ツイン・キャブレターとディスクブレーキが装備された。経営陣はこのモデルの生産を決め、1,000台を発注した。これは、経営陣が参加を目指していた、世界ラリー選手権 (WRC) の、当時のグループ2規定の生産義務台数をクリアするためであった。1964年、997ccのエンジンが、よりストロークの短い998ccのモデルに変更された。これ以降、1967年にクーパーモデルの生産が終了するまでに計12,274台の「クーパー」が販売された。1963年にはよりパワフルな「クーパーS」モデルが相前後して開発、生産された。
「クーパーS」は1071ccのエンジンと、より大型のディスクブレーキを特徴とし、1964年8月のモデルチェンジまでに計4,030台が生産、販売された。当初A型エンジンの排気量UPは1071ccが限界と見られていたが、ダウントン社のダニエル・リッチモンドがボア・ピッチをずらして1275ccまで拡大する手法を考案、イシゴニス、クーパー、リッチモンドの歴史的な3者会談により、量産型の1275クーパーSの計画がスタートした。量産に際して、サーキット・レースのクラス分けに合致した970ccと1275ccの2つのモデルを新たに追加、970ccモデルはあまり売れず、963台が生産された後1965年に生産終了となったが、1275ccの「クーパーS」は40,000台以上が生産され、1971年に生産終了となった。
1964年にハイエンドモデルのサスペンションは、内部にオリフィスと空洞を持つゴムばねを、前後輪でパイプで連通し不凍液を満たしたハイドロラスティック(Hydro=水とErastic=ゴムの合成語)システムに変更された。この新しいサスペンションは柔らかな乗り心地で「魔法の絨毯」とも喩えられていたが、重量と生産コストが余計にかかり、またピッチングの制御が難しくセッティングの幅も狭いなど問題もあり、Mk III前期を最後に元のラバー・コーンサスペンションに戻された。
Miniは映画やミュージシャンなどを通じて、1960年代の大衆文化の中にその存在を焼き付けた。ビートルズのメンバーや、イギリス女王、エリザベス2世も Mini のオーナーだった。
ミニ・クーパーは1964年、1965年、1967年のモンテカルロ・ラリーで総合優勝している(なお、1966年に関しては、ゴール時の成績は優勝相当であったが、補助灯のレギュレーション違反ということで失格となっている。)。
1960年代の Mini の売り上げは全モデルで好調であったが、生産メーカーにはほとんど利益をもたらさなかった。競合他社との競争に勝つために、製造原価を割り込む価格で販売することを余儀なくされたためである。
posted by piropiro at 07:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

Miniの歴史

250px-Morris_Mini-Minor_1967.jpgオリジナルのMiniはイギリスBMC(British Motor Corporation)のサー・アレック・イシゴニス(アレクサンダー・アーノルド・コンスタンチン・イシゴニス Alec Issigonis)によって設計された革命的で特徴のある小型車である。Miniはイギリスのバーミンガムのロングブリッジ工場で生産された。現在の小型車の定番になっている横置きエンジン、前輪駆動、2ボックススタイル(ハッチバックではなく、独立したトランクを持っていた)の組み合わせは当時としては画期的だった。
Miniは全車種で一般的な水冷4気筒エンジンを採用していたが、それまでの車のパッケージとは異なり、エンジンを横置きにして、トランスミッションをオートバイと同様に、エンジン下部のオイルパン内部に置き、エンジンオイルで潤滑する構造とした。これらの工夫によって前輪駆動が可能となった。これは時代に先んじた、エレガントな技術革新だった。このコンパクトなパワートレイン設計によって、小さな車体にもかかわらず、ゆったりとした室内空間を確保することに成功している。FF車のエンジンとトランスミッションの配置はメーカーごとにさまざまであったが、現在では、4輪駆動を重視するメーカーであるアウディやスバルの上級モデルに縦置きエンジンのFFが見られるのみで、ほとんどのFF車は横置きエンジンとなっている。
Miniと同じ二階建てパワートレインの「イシゴニス・レイアウト」を採用した車種は非常に少なく、イシゴニスの手になる、Miniの拡大版ともいえるBMCのADO14、16、17、ポストイシゴニスのADO27、67以外では、プリンス自動車時代に設計が始まった日産・チェリーと、ミッドシップのランボルギーニ・ミウラ程度しかなく、トランスミッションをエンジンと並列に配置した、ジアコーサレイアウトが広く普及した。
組み立て時の手間を節約するために、Miniのボディーには、風変わりな外板の継ぎ目が見られる。
Wikipediaより
ラベル:MINI BMW
posted by piropiro at 20:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

MINIの日本最大ディーラーオープン

 BMWのMINI正規ディーラーである、エー・エル・シーは、同社が静岡県内で展開している“MINI浜松”を新たに移転し、 新ワークショップを併設した日本最大のショールームを9月15日にグランド・ オープンした。
 新しいMINI浜松は、エー・エル・シーが静岡県下で展開するMINIショールームのうち、2店舗目の最新コーポレート・アイデンティティ(CI)を導入した店舗となっていて、エー・エル・シーでは、最高のロケーションとスタッフを備えた旗艦店と位置づけている。また、延べ床面積700平方メートルを超えるショールームは、全国のMINI正規ディーラーで最大規模となるという。
 開放感あふれる店内には常時7台以上の最新モデルが展示され、約50台を収容できる敷地内にはMINIの認定中古車であるMINI NEXTも展示される。また併設された最新のワークショップによって、スピーディなサービスも提供可能となっている。
MINI浜松
所在地:静岡県浜松市東区宮竹町249-1
電話:053-411-5532
営業時間:9:30-18:45
定休日:火曜日
posted by piropiro at 03:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

グラハム・ナッテル氏がデザインしたMINIが完成

img3_20070914_18280930_2.jpg 世界的に有名なアーティスト、グラハム・ナッテル氏がデザインを手がけたMINIが公開された。
 MINIアイルランドがナッテル氏に製作を依頼して完成したモデルで、エクステリアには旅を象徴する魚、絵の中のファンタジックな世界とクルマという現実を繋ぐ水兵、開放感を表す鳥の絵が描かれている。
 MINIアイルランドのニコラ・ビセット氏は、「グラハム・ナッテル氏の絵には、MINIの価値が全て描かれている。この作品で、彼はブランドの人気と成功への鍵であるMINIの精神と本質を完璧に表現した」とコメントを寄せている。
 同MINIは、今後数ヵ月間にわたってアイルランド国内のMINIディーラーで展示され、その後、チャリティオークションにかけられる。
posted by piropiro at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

BMW・MINI COOPER S用パワーブレース発売-デルタ×arc

img5_20070912_12135623_2_l.jpgMINI専用パーツを扱うミニデルタから、BMW・MINI COOPER S用『arcパワーブレース type II DELTAスペシャル』が発売された。
 この『arcパワーブレース type II DELTAスペシャル』は、ボディ剛性を高める補強パーツ。装着することで、サスペンションに負荷がかかった際に生じるサスペンション・ジオメントリーの変化を抑える。負荷がかかった状態でもサスペンション本来の性能を引きだし、車両のコントロール性を向上させる。また、スポーツサスペンションを装着した際に発生しやすいキシミ音を抑制する効果もある。
 素材は超軽量のアルミシャフトを採用し、カーボンを焼き付けることで剛性を高めた。なお、BMW・MINI用のカーボンバージョンはミニデルタから発売された同商品のみとなる。
posted by piropiro at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

MINI ジョンクーパー ワークス チャレンジ

img4_20070820_13195014_1.jpg BMWは、フランクフルトショーで新型MINIをベースとするワンメイクレース用のコンペティションモデル“MINI ジョンクーパー ワークス チャレンジ”を出展することを明らかにした。
 MINI ジョンクーパー ワークス チャレンジは、ジョンクーパー ワークスによるスペシャルチューニングプログラムが組まれ、エンジンから足回り、エクステリアパーツに至るまで、様々な専用部品が与えられパフォーマンスが高められている。
 エンジンは、クーパーSのツインスクロールターボをベースにターボチャージャー、ピストン、吸気系、触媒を含む排気系などに改良が加えられている。その結果、スペックは最高出力210hp、最大トルク26.5kg-mへと、それぞれ35hp/2kg-m向上している。
 足回りは、kW製の減衰力調整式ダンパーキットやボーベット製17インチアルミホイールなどが装着され、室内にはロールケージやバケットシートも備わる。
 大型エアダム付きのフロントバンパースポイラーやリアウイングなどもジョンクーパー ワークスの手によるもの。
 このクルマ、ヨーロッパでは11月より受注が開始され、2008年春よりデリバリーが開始されるとのこと。レース専用マシンで公道走行は不可となっており、レースは“MINIチャレンジ シリーズ”と題して、ドイツ、オランダ、ベルギー、オーストリア、ニュージーランドで開催される。価格は、4万9900ユーロ(約783万円)もするらしい。
posted by piropiro at 12:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集
RDF Site Summary
RSS 2.0
過去ログ
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。